買い物カゴをみる 会員ページの入り口(新規登録できます。) 購入方法 お問い合せ サイトマップ
RSS

饂飩の紹介

稲庭饂飩のご紹介

稲庭饂飩のご紹介

稲庭うどんは日本三銘うどんに数えられ、秋田県を代表する名産品にまで発展した干しうどんの逸品です。
稲庭うどんが誕生したのは江戸時代初期。
地元産の小麦を使って干しうどんや各種麺類を製造。
当時は生産量も少なく、庶民の口に入ることの少ない高級品でした。
特産品として知られるようになったのは明治以降のこと。
宮内庁への献上や、各博覧会などで数多くの賞を受賞するまでになり、現在までその技術と味が受け継がれています。

うどんづくりにこだわった変わらぬ風景

稲うどんづくりにこだわった変わらぬ風景うどんづくりにこだわった変わらぬ風景
稲うどんづくりにこだわった変わらぬ風景うどんづくりにこだわった変わらぬ風景うどんづくりにこだわった変わらぬ風景

強いコシとつるりとした舌触りの醍延堂「稲庭饂飩 極」をつくり出すためには、うどんの主体となる小麦粉の質が重要です。
その質の高い小麦粉を使って実際につくり食すという作業を続け、検討・研究を重ねた結果、うどんづくりに最適な昔ながらの平麺を選びました。

ページトップへ